会社概要  お支払・配送について 
 よくある質問お買い物かごTAG

メールアドレスsale9jp@yahoo.co.jp

受付時間 月~金 9:00-18:00

POINT UP ITEM

ITEM INDEX

PICK UP BRAND

ホームページ > 最新情報 >

琵琶湖博物館がリニューアルオープン、400万年前の“琵琶湖と生き物”の変化を辿る新展示室など

 滋賀県立琵琶湖博物館は、6年にわたるリニューアルを経て、2020年10月10日(土)にグランドオープンする。
  6年のリニューアルを経て琵琶湖博物館グランドオープン 2016年リニューアル時より 2016年リニューアル時より 「湖と人間」というテーマのもと、自然と文化の両方を扱う総合博物館である琵琶湖博物館。全国でも珍しい淡水専門の水族展示を持つ日本最大級の展示施設となった2016年の第1期リニューアル、空中遊歩道「樹冠トレイル」や標本や剥製など実物資料を手に取って楽しめる知的空間「おとなのディスカバリー」などを新設した2018年の第2期リニューアルを経て、第3期リニューアルが完了。満を持してグランドオープンを迎える。   新コンセプトは「びわこのちから」   新たな琵琶湖博物館のコンセプトは「びわこのちから」。400万年の時を経てきた日本で一番大きい古代湖・琵琶湖と、生き物、人の長く深い繋がりこそが「びわこのちから」だという意図が込められている。   400万年前の琵琶湖や生き物の変化を辿るA展示室   第3期リニューアルでは、2つの展示室が装い新たに登場。400万年前の琵琶湖や自然、生き物の変化について、現在の環境との関わりとともに紹介する「A展示室」では、化石や地層の標本、過去の環境を体感できる復元ジオラマなどを展示。大きく変化し続けてきた琵琶湖と生き物のストーリー、琵琶湖の自然の魅力を紹介する。   人と自然の向き合い方、環境史を紹介するB展示室   もう1つの展示室「B展示室」では、「森」「水辺」「湖」「里」を舞台に、人は自然とどのように向き合ってきたのかを紹介。「龍」をナビゲーターとして、琵琶湖を中心とした環境史をたどっていくことで、今の人々の暮らしにどのようにつながっているかを明らかにしていく。   【詳細】 琵琶湖博物館 リニューアル グランドオープン日:2020年10月10日(土) 住所:滋賀県草津市下物町1091 TEL:077-568-4811 開館時間:9:30~17:00(最終入館16:30) ※ただし、当面の間は10:00~16:30(最終入館 16:00)の短縮営業。最新情報はホームページ等で確認を推奨。 休館日:毎週月曜日(休日の場合は開館)、その他 臨時休館あり   ■常設展料金 ※グランドオープン後の料金 ・個人 大人 800円、高校生・大学生 450円 ・団体 大人 640円、高校生・大学生 360円 ※20人以上 ・個人共通券 大人 890円、高校生・大学生 560円 ※草津市立水生植物公園みずの森との共通券 ・年間観覧券 大人 900円、高校生・大学生 1,600円

2020-08-26 17:05 更新